CASINO LOTUS

◤カジノとポーカーを愛するブログ◢

Magic The Gatheringとポーカーの関係について

Magic The Gatheringとポーカーの関係について

突然ですが、Magic The Gatheringをご存知でしょうか。

マジック・ザ・ギャザリングは通称MTGと呼ばれるカードゲームです。

今回はマジック・ザ・ギャザリングとポーカーの関連性について書きたいと思います。

 

マジック・ザ・ギャザリングとは

マジック・ザ・ギャザリング

少しだけ補足します。マジック・ザ・ギャザリング(以下MTG)とは、1993年にアメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト社が開発した世界発のトレーディングカードゲームです。発売から世界中で大ヒットしており、多言語対応もされて日本語版も販売されてます。現在もなお人気のカードゲームであり、その歴史は20年以上にもなります。

このMTGですが私も趣味でプレイしており、このサイトのCasino Lotusという名称もMTGで最高値のカードであるBlack Lotusに由来してます。

 

MTGとポーカーの関係

そんなMTGですが、ポーカーとどんな関係があるのでしょうか。

実は2020年8月時点で、ポーカーの生涯獲得金ランキングの1位と2位がMTGプレイヤーなのです。1位のブリン・ケニーさんは62億円、2位のジャスティン・ボノボさんは54億円ほど稼いでます。1位と2位がMTGプレイヤーなのはただの偶然なのでしょうか。

ちなみに、こちらの動画でも確認できます(5:55頃)。


【ポーカー】世界の生涯獲得賞金ランキング「2020年版」【ランキングSHOWDOWN】

 

MTGとポーカーの似てる要素

私はどちらもプレイしますが、この2つのゲームはアメリカが発祥で世界中にプレイヤーがいるグローバルなカードゲームです。どちらも世界中にファンがいて日々、戦術の研究がされています。

そして最大の共通点はどちらも運と心理戦が絡む不確定情報ゲームです。またどちらも紙を使ったオフラインとオンラインの大会があり、老若男女が一緒にプレイできます。

ルールに似た要素はありませんが、共通してると思うのはどちらも相手のハンドを読むハンドリーディングのスキルが重要なことです。ポーカーでは相手のハンドレンジおよびボードから、MTGでは相手のアーキタイプとマナからハンドを予想して戦います。

MTGプレイヤーがポーカーに移行する流れはよく耳にしますが、その理由はポーカーのトーナメント賞金がMTGよりずっと大きいことが考えられます。トーナメントの参加費はMTGの方が安いですが、その分カードを揃える必要があります。MTGは常に最新カードが販売されるため長期的みればコストがかかりますが、購入したカードは資産となり売却可能で投資目的でMTGのカードを買い揃える人もいるほどです。その点、ルールや道具が変わらないポーカーとは異なります。

 

MTGとポーカーの大会について

ポーカーは世界中で大きなトーナメントがあります。今年はウイルスの影響でオフラインでの開催が絶望的でしたがその分、オンラインが盛り上がりを見せました。

ポーカーはオンライン最大手のPokerStarsがユーザ数を伸ばし、GGPokerでは毎年開催されるWSOP(ポーカーの世界大会)が開催されました。MTGもARENAというオンライン専用ゲームの人気が急上昇して新規ユーザの獲得に成功し、プロツアーやe-sportsの世界大会が開催され大いに盛り上がりました。

このように、どちらもオフラインとオンラインの環境が用意されており、新規ユーザが始め易いゲームでもあります。

まとめ

どちらも世界中に友達ができるチャンスが広がり、お金はかかりますが人生を豊かにしてくれる最高のゲームです。一生の趣味または本業にする価値あるものだと思います。

私はポーカーの方に力を入れてプレイしてますが、MTGもずっと続けたいです。

この記事を読んで少しでもMTGとポーカーに興味を持ってもらえれば嬉しいです。